SERVICE

VR 演劇

VR

映画よりリアル。演劇よりバーチャル。
新感覚演劇体験「VR演劇」

リアルな舞台演劇と、観客ひとりひとりに手渡されたVRゴーグルの中で拡がるもう1つの世界。
VR演劇では、ステージを観るか、VR映像を観るか、同時に進むモノガタリの中で、どちらを観るかをお客様に選ばせます。そして、180度拡がるVR映像のなかで、どこを観ていたかによっても、あなたがこのモノガタリをどう想うかは大きく変化するでしょう。小さな劇場だとしても体験することができる本格派イマーシブシアター。それが、テラスサイドとKDDIによって開発されたVR演劇です。

公式サイト https://vr.terraceside.com

第2弾作品 VR演劇「鈍色とイノセンス ~Mixalive殺人事件 45年目の真実~」
2020年3月19日(木)-4月12日(日) / Mixalive TOKYO B2F「Hall Mixa」

「ヴィジュアル・レコード」、それは世の中のありとあらゆる物が「⾒た記憶」を記録し再生する事が出来る画期的なシステム。⼈々は常に周りの物に記憶・記録される⽣活を送り、おかげで犯罪は激減、警察組織は縮⼩化されていた。

ある⽇、⼀⼈の男が⾃⾸をした。
「私は45 年前、⽗親を殺しました。私を死刑にしてください」。

男は、⽗親殺しの罪で陪審員裁判に掛けられたが、当時集められた十二⼈の陪審員が長い議論の末「合理的な疑問」を主張し、無罪になっていた。そう、合理的な疑問はあった、しかし男が「⽗親を殺していない」という確証はどこにも無かった。

不朽の名作『 十二人の怒れる男 』 をオマージュし、「ヴィジュアル・レコード」を駆使して 45 年前の事件の真相を明らかにしていく参加型エンタメミステリー演劇。

なぜ、男は45 年を経て、裁きを望むのか。再審の果てにたどり着く「真実」を決めるのは、陪審員である客席の「あなた」だ。

演出・脚本:キムラ真(ナイスコンプレックス)
VRシステム協⼒:KDDI / VR映像制作:Supership
統括プロデューサー:⽟井雄⼤(テラスサイド)
主催:「鈍⾊とイノセンス」製作委員会

第1弾作品 VR演劇「Visual Record ~記憶法廷~」
2019年6月27日(木)-7月1日(月) / 中目黒ウッディシアター

「モノ」が目撃した記憶「ヴィジュアル」を取り出し、「レコード」として記録することができるようになってから、警察組織は縮小し、裁判は簡略化の一途を辿る。
本来ならば、事件現場のヴィジュアルにより、 この事件もすぐに解決するはずだった…。

現場に残されたのは、サイバー・テロによって、 不完全にしか記録されていない様々なヴィジュアル・レコード。
果たして何の目線なのか、 不完全なヴィジュアル・レコードに隠された真実とは?
被告人・樋口を裁くのは門倉たち代表陪審員の4名と、 陪審員である客席の「あなた」だ。

主演を務めるのは、人気ファッション誌にてモデルとして活躍し、初主演映画「ゆるせない、逢いたい」で、
国内外で高い評価を得た吉倉あおい。樋口役には、ファッションモデルや大手TVCMなどで活躍しながら、
「テラスハウス」軽井沢編にて【テラスハウス史上No.1イイ奴】として話題を呼んだ岡本至恩。

演出は、TAIYO MAGIC FILM主宰で、齊藤工監督「Blank13」にて脚本も務めた西条みつとし。
脚本は、ロジカル・コメディで有名な電動夏子安置システム主宰の竹田哲士が今作のために書き下ろした。

主催:テラスサイド / VRシステム協力:KDDI / VR映像制作:Supership